滑り止めは受けた方がいい?

高校を受験をする際、第一志望がどこの高校であれ、滑り止め(受験用語では、いわゆる保険として受ける学校をいいますね)として、志望校よりランクの低い高校を受験する人は多いようです。それは、公立高校の受験であったとしても変わりはありません。

でも、必ず滑り止め(一般的には、滑ってしまうのを予防するためにつけるものをいいます)は受けたほうが良いのでしょうか?

ポイントは、やはり偏差値です。受験生の偏差値(偏差値だけで学力は語れませんが、受験の際の目安にはなるでしょう)が志望校より高ければ、滑り止めは必要ないと言えますね。ただ、本命の高校の受験のときにあがらないよう、度胸付けに受けてみるのはいいかもしれません。

私立高校の受験は公立校より早いですので、受験がどのようなものか、雰囲気を知っていると本番で落ち着いて試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)を受けることができますね。もちろん、度胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)付けですので、合格しても入学金は払いません。

一方、志望校の偏差値(絶対的なものではなく、テストの問題によっては偏差値が100を超えてしまうこともあるのだとか)に対し、受験生の偏差値がギリギリの場合は、滑り止めは受けたほうがいいでしょう。滑り止めの学校に合格していれば、公立の受験も安心して落ち着いて受けることができますね。

とはいえ、滑り止めに合格はしたものの、第一志望の公立高校に不合格だった・・・でも、どうしても第一志望の高校に通いたいという場合は、浪人することがお勧めです。

気に入らない高校に3年間も我慢して通うよりも、1年間猛まなんで希望する高校に入ったほうがいいのは言うまでもないでしょう。長い方生、たかが高校浪人くらいたいしたことではありません。人生、自分の望むように生きていくことのほうが大事です。
あいうえお経済