英語の長文問題が苦手な時

英語(6年以上もやってなんでしゃべれないんでしょう)の長文問題が苦手という受験生は、結構多いのではないでしょうか。

それほどむつかしい文章でなくても、文章が長いというのみで不安に思ってしまう人もいますね。苦手意識が強い人に対する英語の長文問題対策としては、基本的な英単語(とにかく単語をたくさん覚えることで、語学の習得につながっていくでしょう)や英熟語を覚えることと、英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)長文用の参考書(有名な予備校の講師が書いていたりすると、わかりやすいような気がしますよね)や問題集などを利用して英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)の長文に慣れることです。

つまり、英単語・熟語をマスターした上で、英語(楽天では社内の公用語になるらしいです)長文問題に慣れる、この2つの方法を行わない限り、英語の長文問題は解けるようになりません。地道な努力が必要ということです。英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)長文用の参考書(自分に合った物を厳選することが、学習の効率を良くしてくれるでしょう)や問題集は、順次レベルを上げていき、一度やったら終わりではなく、最低でも3回は復習すること。

繰り返し解くことで、単語の意味や文法なども覚えます。一方、実際の問題の解き方としては、まず、単語の注釈を見ておきます。そして、問題を眺め、それから、長文(本文)を読んでいきます。英語(楽天では社内の公用語になるらしいです)の長文ではしらない単語が出てきますが、自分がしらない単語はほかの受験生も知らないのが普通ですので、そんなにビビる必要はありません。

読めない単語があるとその後もう分からない!
と読み進める気力をなくすのが最大の失敗であり、多くの学生が陥る罠と言ってもいいでしょう。

前後の語句や文章から意味を推測していきましょう。また、登場人物をしっかり把握する事もポイント。登場人物の名前には丸などのしるしをつけ、どの人がどのようなことを言ったり、どのようなことを行っているのかなどを把握すると文意がつかみやすくなるんです。

複雑で長い文章は、主語や接続詞の前で斜線を入れて区切ると、理解しやすくなります。以上、英語の長文はひとえに慣れです。数をこなしていけば早く読めるようになり、かつ読解力もついてくるので頑張ってください。推奨するのは、やはり文章の流れを推測する練習でしょう。

日本語の難しい小説なら予測は難しいかもしれませんが、英文の流れは正直素直で推測しやすいものになっています。内容的には小学校の低学年レベルの文章ですから、こういう話の流れになるのが自然。と推測できるものが大半です。苦手意識を払しょくする意味でも、日本語訳を何度も読み、そして何度も英語文を読むことで頭が拒否反応をしなくなります。
あいうえお経済