英単語、英熟語の覚え方のコツ

英単語(関連のあるものをまとめて覚えるようにすると、覚えやすいかもしれません)や英熟語の覚え方は、人により異なるので一概には言えませんが、もっともオーソドックスな方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)が、カード式の単語帳を使う人法です。カード式の単語(とにかく?をたくさん覚えることで、語学の習得につながっていくでしょう)帳は、書店に行けばいろいろ売っているので、高校入試用のものを購入することをオススメ。

自分で単語帳を作るという手もありますねが、効率的ではないので、購入したほうがいいでしょう。購入したカード式の単語(関連のあるものをまとめて覚えるようにすると、覚えやすいかもしれません)帳や塾語帳を、トイレの中、お風呂に入っているとき、登下校中など、とにかく空いている時間に繭り返し見ることが大事。上着のポケットやバッグのポケットなどに入れておき、いつでも取り出せるようにしておきましょう。

英単語や熟語というのは、長時間机に向かって覚えるというより、隙間の時間に何度も繰り返して見たほうが覚えやすいと言えます。一方、単語(関連のあるものをまとめて覚えるようにすると、覚えやすいかもしれません)や熟語だけを単発で覚えるのが苦手と言う人は、例文を見ながら文中の単語(関連のあるものをまとめて覚えるようにすると、覚えやすいかもしれません)を覚えていく方法がおすすめです。

例文は、単語が羅列してあるだけでなく、しっかりとした意味があるので、文法がわかると同時に、単語の意味や用法も理解することができますね。「例文で覚える英単語・英熟語」などといったタイトルの単語集を使うと覚えやすいです。覚えるときは、音読がGood。文章(書いていくうちに段々と書けるようになっていくでしょう)を書きながら覚えるというのもいいですが、スペルが間違いなく書けるようになったら、あとはひたすら音読で覚えたほうが効率がいいでしょう。
あいうえお経済