総合選抜と単独選抜の違い

総合選抜とは、総選(そうせん)とも略され、学校間における学力の格差を解消する事を目的として、主に公立学校で用いられる入学試験(公立高校では、「入学者選抜のための学力検査」と呼んでいるそうです)方式の一つでしょう。総合選抜では、学区内の定員すべてを合格者として、生徒の学力(試験などで測れるのは、その人の一部の学力でしかないでしょう)が高校ごとに均等になるよう、居住地や交通の便などを配慮し、合格者を各高校に振り分けます。その為、基準の成績以上を取っていればほぼ確実に高校に入る事が出来、過度な受験競争は起こりません。高校入試の負担が少なくなりますので、ゆとりある中学生活を送ることができます。その反面、志望する高校を自由に選ぶことができず、実際に合格発表があるまでは、自分が入学する高校が分からないという特徴があります。

また、一つの学校内における生徒間の学力差が大きくなり、落ちこぼれ(マスメディアが作り出した言葉だといわれています)などの生徒が単独選抜よりも発生しやすいと言った面や、個々の生徒の学力(何かを学ぶ力ですが、どのくらい勉強ができるかといった狭い意味で使われることも少なくありません)を十分に伸ばすことができないという面もあるでしょう。一方、単独選抜とは、学校ごとに入学者の選抜を行う選抜方法で、受験生は自分の希望した高校を受験します。

単独選抜の場合、人気の高い高校の受験希望者が多くなることから、合格難易度はその年の受験者の人気の度合いによって変わってくるでしょう。学校間の格差が生じますが、生徒にとっては自分の行きたい高校を選択できるため、真剣に学習するようになり、学校の特色も明確になります。また、学校内での生徒の学力差がそれほどなく、学習指導がやりやすいといった特徴があります。一昔前は総合選抜をしている都道府県がたくさんありましたが、現在の社会事情に合わないことなどから、廃止する自治体が増えています。

偏差値は重要?

公立高校の受験は、入試当日の得点で合格不合格が決まるのは当然ですね。

微妙な違いを言うと合格点数の範囲内に入っているか、もしくは、それ以上の点数の人が合格出来ると思っていましが、そうではありません。得点上位者だけが合格できるという仕組みになっています。

そのため、出来るだけ得点が上位に入ることが出来るような高校を選ばなくてはいけないでしょう。その際に、必要になってくるのが偏差値(学力偏差値の略称として使われることが多いですが、知能偏差値などもあります)です。偏差値は、自分の成績がどのくらいの位置なのかがハッキリわかる良いモノサシみたいな感じになるものです。例えば英語の偏差値は65とか数字で評価されます。

5段階の相対評価と偏差値は、とかく色々言われるエリアですが、自分の偏差値をちゃんと把握していれば、自分が入学を志望している高校を同じく受験する学生の中で、自分がどういった順位に位置しているのか把握することが出来ます。その志望校では上位に位置出来ないようであれば、志望校を変更するか、または、上位に食い込めるように一生懸命勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)をする必要があると言われます。

ある意味、偏差値がお子さんの勉強意欲を高めるという指標となるかもしれませんね。偏差値(テストの難易度に左右されずに受験者全体の中での自分の能力を測ることができる方法でしょう)を見る時に注意して頂きたいのが、もし、お子さんの偏差値(絶対的なものではなく、テストの問題によっては偏差値が100を超えてしまうこともあるのだとか)が50であった場合、50からプラスマイナス3がお子さんの偏差値の範囲であることを知っておきましょう。

ただ、高校受験をする際には、偏差値だけでなく入試当日の結果ももちろん重要となってきますし、場合によっては推薦で入学できる場合だってあります。最終的な試験で合格する為には相手に勝つという意味を持ちます。資格試験のように70点で合格とはいかない難しさがありますね。

高校受験、面接のコツ

高校受験に付き物なのが、筆記試験(記述式、マークシート式などの他、作文や小論文などが出題されることもあります)ともう1つ、面接とされています。面接では、筆記試験だけでは見ることの出来ない本人の内部を判断されます。

では、一体、面接でどういう事をおさえておけばいいのか、いくつかポイントをご紹介していきたいと思います。公立高校なら、超難関校とは違って、最低限の常識やコミュニケーション能力(手紙や電話など、対面ではないケースでも必要でしょう)さえあれば、特に問題ありません。とは言っても、油断してはいけません。

面接は日頃の生活態度などがすぐ表面に現れて来てしまうため、注意が必要になるのです。

まず一つめのポイントとしては、その高校をなぜ選んだのか、入学後にはどういった目的を持って勉強していきたいかなどをはっきりと言えるようにしておくといいかもしれません。また、公立の高校を受験されている方は、他の高校も受験されていることが多いと思います。もし、その高校が第一志望でない場合でも、わざわざ嘘をつく必要はありませんよね。それよりも、将来の目標や夢などをきちんとした態度で受け答え出来るようにしておくといいでしょう。

二つ目は、日頃の生活習慣やマナーが出来ているかどうかのチェックです。志望動機なども聞き出すことも、面接官に取っては大きなポイントではあります。でも、実は面接では、面接中のしぐさや態度を見て、コミュニケーション能力(円滑にするためのテクニックなども一応はあるようです)やきちんとしたけじめがついているかなどをチェックしているのです。

面接を行う教室(掃除当番がやたらと面倒だったものです)に入ってから退室するまでのマナーや態度、服装なども、しっかりとチェックされています。マナーと身だしなみには、日頃から気を使っておくようにするといいでしょう。



勉強のコツ

中学3年生になってしまうと本人だけでなく、親も一緒になって悩む問題が出て来ます。それは、高校受験です。高校受験と言っても、私立や国立の超難関校を目指す子もいれば、一般的な公立校を選ぶ子もいると思います。

公立と表現しても、最近では、すごくたくさん良い高校がありますから、安心して下さい。今回は、公立高校を受験するための勉強のコツに関して、少しご紹介していこうと思います。公立高校に合格するために必要な勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)時間が、どれだけか御存知でしたか?

あくまで希望的な話ですが、中学3年生でしたら、平日は4時間、休日は8時間くらい勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)時間が必要だと言われています。しかし、実際はちょっと無理ですね。部活があったり、お友達との約束があったりして、子供ながらにいそがしい時間を過ごしているところでしょう。

集中的に長い時間勉強をする事は、大人の私達でもチョット無理ですから、敢えて子供にやりなさいと強要する事は、いかに本人のためと入っても酷な事です。家で学習することも大切だと思いますが、公立高校を目指すというテーマなら毎日学校の授業を聞いて復習する習慣をつくるほうが重要です。毎日復習をすることで、基礎を身につけることができるのが長い目でみると近道となります。

公立高校の入学試験は、この基礎を問われるような問題が多く出題されるからです。その為に、基礎さえ身についていれば、問題なく受験に合格する事が可能だといえるはずです。1日は24時間と限られているので、難関私立を目指すような詰め込みは必要ありません。有効に時間を使用することが出来るように、計画を立てて勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)したら良いでしょう。

とはいえ、復習と一言でいいましたが、きちんとした勉強方法で実践しないと学力向上は望めません。意外と勉強の仕方が分かっていない生徒は多いですから、親としてはその辺りの確認をする事が大切かもしれませんね。効率的で効果的な勉強方法と無駄の多い勉強方法では大きな違いがあるのは当然ですからね。受験を控えて塾よりも先決事項とも言えます。

何度か紹介しましたが和田秀樹先生のDVDは参考になります。中学受験をテーマにした内容ですが高校受験でも同じですから、是非ともチェックしてみて下さい。


>>和田秀樹の中学受験 親のバイブル

繰り返しますが、確固たる勉強法を身につければ将来何かの資格試験を受験する際にも必ず役に立ちますから軽視しない方が良いですよ。

高校受験に偏差値は重要なのか

公立高校の受験は、入試当日の得点で合格不合格が決まることをご存じですか?

私も最初は、合格点数の範囲内に入っているか、もしくは、それ以上の点数の人が合格出来ると思っていました。でも、高校受験についてはそうではありません。得点上位者だけが合格できるという仕組みになっています。そのため、出来るだけ得点が上位に入ることが出来るような高校を選ばなくてはいけないでしょう。その際に、必要になってくるのが偏差値(学力偏差値の略称として使われることが多いですが、知能偏差値などもあります)です。

偏差値は、自分の成績がどのくらいの位置なのかがハッキリわかる良いモノサシみたいな感じになるものです。5段階の相対評価と偏差値(テストの難易度に左右されずに受験者全体の中での自分の能力を測ることができる方法でしょう)は、既に人数分布が決まっているでしょうね。自分の偏差値をちゃんと把握していれば、自分が入学を志望している高校を同じく受験する学生の中で、自分がどういった順位に位置しているのか把握することが出来ます。その志望校では上位に位置出来ないようであれば、志望校を変更するか、または、上位に食い込めるように一生懸命勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)をする必要があるのです。



ある意味、偏差値がお子さんの勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)意欲を高めるという指標となるかもしれませんね。偏差値(テストの難易度に左右されずに受験者全体の中での自分の能力を測ることができる方法でしょう)を見る時に注意して頂きたいのが、もし、お子さんの偏差値が50であった場合、50からプラスマイナス3がお子さんの偏差値の範囲であることを知っておきましょう。ただ、高校受験をする際には、偏差値だけが全てではありません。入試当日の結果ももちろん重要となってきますし、場合によっては推薦で入学できる場合だってあります。

推薦が難しいなら学力で入学するしかありません、そこで気になる勉強ですが、平成の資格王と呼ばれる中村一樹氏が正しい勉強法を紹介されています。一度チェックしておく事をお勧めします。


>>試験最短合格勉強法
あいうえお経済